全国大会

Annual Conferences


*過去のプログラムとニュースレターはアーカイヴにあります

第37回全国大会について

第37回全国大会はZoomミーティングにて7月30日(土)に予定どおり開催されました。講演とシンポジウムを通して活発に意見が交わされ、大変充実した大会となりました。登壇者の方々、質疑等でご発言くださった方々、ご出席のみなさまにはあらためて厚くお礼を申し上げます。

第38回全国大会はオンラインにて12月17日(土)に開催予定です。学会員でない方の参加も歓迎いたします。お問い合わせなど事務局までご連絡下さい。

今後の全国大会で取り上げて欲しいテーマや企画がございましたら、どうぞ事務局までご相談ください。

第37回全国大会プログラム(2022-07-30)


日時:2022 730日(土)13:00~

ZOOMによるオンライン開催(12:50からミーティング参加可能)

----------------------------------------

Zoom ミーティングへのリンクは事務局からのメールをご参照ください。

----------------------------------------

総合司会: 西田 桐子(和光大学

開会の辞(13:00~) : 君塚 淳一(会長、茨城大学)


講演(13:10~14:10)   司会:伊達 雅彦(尚美学園大学)

Philip Roth のユダヤ性 ~ その推移 ~

坂野 明子(専修大学、名誉教授)


―――――――――――――――

シンポジウム(14:20~17:10)

タナハシ・コーツのアメリカ


デュボイジアン・ヴェールからニュー・ネイションへ

──タナハシ・コーツにおけるレトリカル・イマジネーション

司会・講師:長岡 真吾(福岡女子大学)


アフリカ系作家の諸流派を調停する

──タナハシ・コーツ、ライアン・クーグラー、アイネヒ・エドロの思想を通して

講師:矢倉 喬士(西南学院大学)


シグニファイン・パンサー

──コーツ版『ブラックパンサー』における先行シリーズの反復と改変

講師:馬場 聡(日本女子大学)


アフリカ系アメリカ人autodidactの系譜

──タナハシ・コーツの『美しき闘争』とポピュラー・カルチャー

講師:奥田 暁代(慶應義塾大学)

―――――――――――――――


閉会の辞(17:10~)  中垣 恒太郎(副会長、専修大学)

総会(17:15~)

☆定例役員会については別途役員の先生方にご連絡差し上げます。

ニュースレター

*発表や講演の概要などが掲載されています。

2022-05月 MESAニュースレター36号 (PDF)

*MESA全国大会は会員以外の方の参加も歓迎しています。興味のある方はどうぞご出席ください。

*実際の会場での対面開催の際には、会員・非会員にかかわらず配布資料等の実費として参加費500円を申し受けております。ご理解のほどお願い申し上げます。